CHECK

ドローン講習で実施される操縦訓練

ドローン講習で実施される操縦訓練

ドローン講習では当然ながら実際の操縦訓練が行われます。
座学もありますが、いくら頭の中に知識があっても機体を思い通りに飛ばすことができないと意味がなく、ドローン講習にもなりません。
これはちょうど自動車の教習所に似ています。
学科もありますが、一通り講習を受けた後は実際にクルマに乗ってハンドル・アクセル・ブレーキを操作して運転実習が行われたはずです。
ドローンは空を飛びますので、二次元での動きができれば良いクルマとは異なり、三次元での動きを思い通りにこなせなければなりません。
つまり前後左右だけではなく、上下運動もあるわけです。
しかし慣れればさほど難しいものではありません。
ドローンは航空機の一種ですが、飛行機は空中では常に飛んでいなければならず静止はできないのに対し、ドローンはある意味でヘリコプターと同じ機能を備えており、ホバリングという形で空中のある一点に静止することができるため、焦って動かすことがないからです。

ドローン講習に通わずに練習する方法はどんなことがある?

ドローンを購入したからには上手に操縦したいものの、最初からうまく操縦できる人はいません。
自立飛行が可能なために、初心者でも思ったよりは飛べるのも事実ですが、闇雲に飛ばしても操縦技術は上達しないのです。
そのためにドローン講習を受けて、練習する人もいることでしょう。
ドローン講習を受けるメリットは何があるのか?ここでは解説していきます。
ドローンスクールに通ったならば、プロの操縦士が教えてくれるために、直接習うことができるのです。
ネットでは質問がしにくいですが、直接疑問点を聞くことも可能な点もあります。
交通省が飛行承認の書類が一部免除になる資格までもらえるのです。
しかしデメリットもあり、費用がとにかく高いことでしょう。
そして悪質なのもあるので注意が必要です。
安いスクールで1日5万以上で、3日で30万などはざらにあります。
購入を含めて「50万円」も出費してしまうところはかなり痛いといえそうです。
検討する時に注意が必要になります。

ドローン講習に関する情報サイト
ドローン講習って何?

当サイトでは、近年、ビジネスや個人の趣味として多く普及されているドローンを実際に操縦する際に必要な資格やその内容、制度などを紹介します。
現時点ではドローンを操縦する際に必須の資格や免許はありません。
しかし、航空法や小型無人機等飛行禁止法という法律でドローンの飛行範囲等が厳しく規制され、各自治体ごとにも定められた規制があります。
では、どうすればよいのか。
免許は不要ですが、持っていれば国土交通省への飛行許可申請をする際に、規制を解除、また書類を簡略化できる資格があります。
資格は国土交通省から認可を受けている民間団体が開催しているドローン講習を受講することで取得できます。

Search