CHECK

ドローン講習の標準的なカリキュラム

ドローン講習の標準的なカリキュラム

報道やバラエティ番組では昨今、空中撮影を多用されるケースが増加しました。
以前はヘリコプターやセスナ機を使用して実施をしていたため、コスト面でも使用する場面は限られていました。
ところが昨今では無人航空機のドローンが登場したことで、簡単かつ安価で挑戦できる環境となっています。
まずドローンを操作するには、必ずドローン講習を受けないといけません。
ここでは簡単に、ドローン講習で実施をしている標準的なカリキュラムについて見ていくことにしましょう。
どのスクールでもなされているのは、機体をまっすぐに飛行・上昇をさせる操作です。
約25時間程度はこの操縦に時間を割かれており、基礎的な内容になります。
あとは本体に取り付けられてるカメラを用いた撮影方法、そしてトラブルが発生した際のメンテナンス講習となります。
ドローン講習は約2週間前後のカリキュラムで構成をされており、最終的に試験をパスしたらライセンスを発行されるのが特徴です。

ドローン講習は初心者でも問題なく学ぶことが可能

ドローンは様々なところで活用されているため、趣味だけではなく仕事でも使用するために操縦技術を身につけようと考えている方が多くいるかと思われます。
今後も市場規模が確実に大きくなっていくので、今のうちに高い技術を身につけることは正しい選択です。
ドローンは独学でも身につけることができますが、ドローン講習を受けることをおすすめします。
経験者だけでなく、初心者でも安心して学べる体制になっているため安心です。
プロの講師が受講者のレベルに合わせて指導してくれます。
初心者であれば、基本的な扱い方から丁寧に教えています。
ドローン講習が受けられるスクールも様々なところがあるので、よく比較してクオリティの高いところを選ぶことが大事です。
どこも大体同じに見えるかもしれませんが、比較してみると異なる部分が少なくありません。
費用の安さだけで決めてしまう方がいますが、高い操縦技術が身につけられることを重視するべきです。

ドローン講習に関する情報サイト
ドローン講習って何?

当サイトでは、近年、ビジネスや個人の趣味として多く普及されているドローンを実際に操縦する際に必要な資格やその内容、制度などを紹介します。
現時点ではドローンを操縦する際に必須の資格や免許はありません。
しかし、航空法や小型無人機等飛行禁止法という法律でドローンの飛行範囲等が厳しく規制され、各自治体ごとにも定められた規制があります。
では、どうすればよいのか。
免許は不要ですが、持っていれば国土交通省への飛行許可申請をする際に、規制を解除、また書類を簡略化できる資格があります。
資格は国土交通省から認可を受けている民間団体が開催しているドローン講習を受講することで取得できます。

Search