CHECK

何を指導してもらえるのか?ドローン講習に興味がある人の参考になる情報まとめ

当サイトでは、近年、ビジネスや個人の趣味として多く普及されているドローンを実際に操縦する際に必要な資格やその内容、制度などを紹介します。
現時点ではドローンを操縦する際に必須の資格や免許はありません。
しかし、航空法や小型無人機等飛行禁止法という法律でドローンの飛行範囲等が厳しく規制され、各自治体ごとにも定められた規制があります。
では、どうすればよいのか。
免許は不要ですが、持っていれば国土交通省への飛行許可申請をする際に、規制を解除、また書類を簡略化できる資格があります。
資格は国土交通省から認可を受けている民間団体が開催しているドローン講習を受講することで取得できます。

何を指導してもらえるのか?ドローン講習に興味がある人の参考になる情報まとめ

無資格でもドローンを操縦するとは可能です。
しかし法律で定められた規則があり、破ると懲役や罰金が科せられることもあるので注意が必要です。
そこで、国土交通省認定の民間団体が行っているドローン講習を受講し、必要な知識と実際に操縦できる技術を身につけましょう。
ドローン講習の内容は座学のみ、座学と実技の両方の受講が必要なものがあります。
実技訓練がある講習は受講料が高額にです。
受講期間は2~4日ほどで、座学では操縦の基礎知識から航空法などの法律を学び、実技講習は国土交通省が飛行許可を出すための「ある一定のスキル」を証明するための指導を受けます。
知識をつけ、安全に操縦できるようになりましょう。

ドローン講習に応募する一般的な方法

ドローン講習に応募するときの一般的な方法ですが、これは専門のドローンスクールなどに申し込むことが殆どです。
電話・メール・LINEなどから問い合わせしますが、申し込みの仕方はそれぞれ違います。
また、無料体験や説明会を行っているところも多く、ドローンについての知識・活用方法・法律などを学んでから、実際に使う室内用の操縦体験も出来ます。
ドローン講習を受けるのが初めてな場合は、まずは無料体験を受けてから通うところを決めた方がいいです。
ある程度の日数通うことになるので、出来るだけ地域にあり自宅などから通いやすい場所にある方が通学も楽で、室内に実習会場があると天候の左右されないのでスケジュール通り進められます。
講義の日数はスクールにより異なり、短期間で済ませたい人やしっかりと日数をかけて学びたい人によって決めるのが望ましく、日数が多くなるほど費用もかかります。
ドローンを持ってない場合は無料で貸し出してくれる講習だと新たに買う必要がないので、無駄な出費も防げます。

ドローン講習に機体を持参するのか?

近年はドローンを自由に操縦して様々なシーンで活用したいというニーズが高まっており、しかも手ごろな料金で機体を入手できるとあって人気になっています。
もし本格的に飛行をさせたい場合には、ドローンスクールなどが開催するドローン講習を受けることがおすすめになります。
実際にドローン講習では、インストラクターの方に教わりながら習得することができますので、思った通りの操縦の近道に繋がります。
その際によく質問が挙がるのは、自分で操縦する機体を持参してドローン講習に参加しなければならないかです。
これについては、講習会を主催する団体の方針によるため、貸し付けを行ってくれるケースもあれば、持参を必要とするケースもあります。
そのためドローン講習会に参加する前には、主催団体にお問い合わせを行って確認をしてから参加すると良いです。
特に資格を発行する団体だと持参しなければならないケースも多く、注意を要します。
また参加の費用にも貸付がある場合には、それが費用に含まれ割高になる特徴を見ることができます。

ドローン講習で取得できる資格とは

2022年6月現在、ドローン講習を受けることで取れる資格には、「JUIDA認定無人航空機操縦技能者」や「ドローン操縦士回転翼3級」、「DJI CAMP」などがあります。
すべて民間の業界団体が認定しているもので、運営団体が認定するスクールが実施しているドローン講習を修了することで取得できます。
資格を取得すれば、ドローンの飛行許可申請時に技能証明として利用できるようになり、許可が出る可能性がアップします。
また、2022年度中には改正航空法が施行され、「無人航空機操縦者技能証明」という国認定の制度が始まる予定です。
この制度がはじまると、国土交通大臣の登録を受けた講習機関で知識や技術を学び、指定試験機関が行う学科・実技の試験に合格することで、技能証明証が発行され、航空法で定められた規定の範囲内でドローンを飛行させられるようになります。
ただし、この制度が始まる頃には無人飛行機の機体登録制度がはじまっており、ドローンを飛行させるためには技能証明だけでなく、事前に機体を登録しなければなりません。

ドローン講習の受講にかかる費用の相場

ドローンはビジネスでも活用されることが増えており、高い操縦技術を身につけたいと考えている方が多くいると思われます。
建設業や農業、運送業などで活用されることが多く、今後も様々な業界で使用されることが期待されています。
ドローンの操縦は独学でも可能ですが、ドローン講習を利用した方が確実です。
プロの講師から直接指導してもらえるので、高度な技術を身につけることが十分可能になります。
ドローン講習の費用相場は、基本的な講習で10万円から20万円です。
上級者向けの講習だと50万円くらいかかってしまうケースもありますが、20万円くらいで考えていて大丈夫です。
ドローン講習が受けられる費用も様々なところがあるため、よく比較してクオリティの高いところを選ぶことが重要になります。
費用の安さだけで決めるのではなく、講師の質やサポート体制、使用できる機体の種類などを重視して決めるべきです。
安さに固執してしまうと後悔することになります。

ドローン講習に関する情報サイト
ドローン講習って何?

当サイトでは、近年、ビジネスや個人の趣味として多く普及されているドローンを実際に操縦する際に必要な資格やその内容、制度などを紹介します。
現時点ではドローンを操縦する際に必須の資格や免許はありません。
しかし、航空法や小型無人機等飛行禁止法という法律でドローンの飛行範囲等が厳しく規制され、各自治体ごとにも定められた規制があります。
では、どうすればよいのか。
免許は不要ですが、持っていれば国土交通省への飛行許可申請をする際に、規制を解除、また書類を簡略化できる資格があります。
資格は国土交通省から認可を受けている民間団体が開催しているドローン講習を受講することで取得できます。

Search